読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.2.15

昼過ぎ、タクシーで東大病院へ。
入退院センターでの手続き終了。次に産科病棟のスタッフルームに行く。
担当の助産師さんが優しい方で良かった…。
前回の気絶するようなスパルタ母乳合宿みたいな入院は、2度とやりたくない…。夫が昼から付き添ってくれた。
今回も和痛分娩を希望しているので、夕方担当の先生に説明を受ける。

その後、ラミナリアを挿入。上の子の時も入れた記憶が蘇るわ。
子宮口は1.5センチだった模様。とにかく、この処置をするとふらふらになる…。医療に頼ると決めた以上は、先生方を信じるしかない。
NSTの結果は良好。赤子はとても元気である。
夜は点滴で抗生剤を入れた。

ポッドキャストを聴きながら、陣痛室で一夜を過ごすことになる。
明日は赤子に会える…かも?

2016.2.14

久しぶりの更新。

明日から入院となる。もう39週6日。
明日が予定日であったが、微弱な痛みが時々あるものの、産まれる気がしない。
6月まで論文が書けるかな。それが心配だ。
先日髪を切ったついでに、蔵前のdandelionに行ってきた。
カカオたっぷりの贅沢なチョコレート。ブランデーによく合うんだろうな。妊婦なので、あまり関係ないけどね!
f:id:yukinkosan:20160214225512j:image

9月30日(水)

秋学期が始まってしまった。

家に子どもがいると、休日は全く仕事ができない。

体調不良だと思ったら、妊婦となっていた。

出産は受験シーズンなので、同僚には大変申し訳ない。

 

会議が頻繁に入り、授業外の仕事もあり、母校の非常勤講師を1コマ引き受けてしまったので、なんだかんだと忙しくなる予感がする。

 

研究室でBachを聴きながら仕事をする。まずは査読審査から。

さっさと片付けたいものだ。

それにしても、他人の文章は結構読みにくい。
自分が柔軟でなくなったからであろうか。

 

 

6月29日(月)

体調がどうもよろしくない。

本日は講義とゼミ。終わればふらふらである。 

しかし、仕事が結構溜まっている…。
困ったな……。試験問題も作らねばならないし、どうしたものやら。

6月11日(木)

日々流れるように過ぎていく。考える時間がないほどではないが、なんとなく疲れがたまっている。

土日は出張で、月曜は授業、火曜は会議で水曜は授業・・・・・・ゆっくり寝てもいられない。今週の土曜は夫が学会でいないので、娘をどこに連れて行くか思案のしどころである。小さい子どもがいると、土日は全く仕事ができない。

 

娘と同じ保育園の子が今月末で一応卒業するらしい。お父さんがアメリカに留学するそうで、お母さんとその子もついていくのだとか。3年は戻らないという。寂しいことである。

 

うちの娘も来年は幼稚園に入れたいと考えている。どうせなら、幼稚園に併設されている習い事をさせたいのだけれど、興味を持ってくれるのかしら。

自分は4歳からピアノを習った。上達はしなかったが耳は鍛えられたし、素晴らしい音楽を聴いて感動する心も、ピアノを通じて得たと思っている。まあ、娘は音楽が嫌いではなさそうなので、楽器に触れる機会があってもよいのかな。

あとは、風邪をひかないように、スイミングでも習わせたいところ!!せめて泳げるようになると楽しい・・・のではなかろうか。

まあ、自分は母ではあるが、基本的にダメ母である。家でじっとしていることができず、家事より仕事の方が好きなのである。もちろん娘は大好きだし、大切な存在であることは言うまでも無い。

 

さて、論文を書かねばならない。7月末締め切りである。

6月4日(木)

もう6月である。真夏のような日が続く。日本はいつから四季がなくなったのか。

授業の準備に追われる毎日ではあるが、研究する時間がある程度は確保されているので、昨年とは全く環境が異なる。

それは本当にありがたいことだ。公募で採用してくれた現職場に感謝したい。

 

今週末は学会出張。飛行機が飛べばいいけれど。

 

 

 

 

 

 

5月6日(水)

今日でゴールデンウイークは終わり。明日からは日常に戻る。

夜中に翻刻等にいそしみ、朝はムスメに叩き起こされるので結局寝不足である。ムスメがもう少し成長すれば、ある程度研究が捗るだろう。そんなことを想像しつつ紙焼き写真を整理する。

f:id:yukinkosan:20150506231005j:image

朝から公園に行き、午後からは浅草へ出向く。松喜で夕食のおかずを買いがてら隅田川沿いをそぞろ歩いた。風が涼しい。

f:id:yukinkosan:20150506231154j:image

浅草にもお洒落なカフェができた。子連れでは入りづらい。でも素敵なお店である。思わずメニューをチェックする。

f:id:yukinkosan:20150506231249j:image

雷門はいつもより人が少ない。

f:id:yukinkosan:20150506231311j:image

スカイツリーがてっぺんまで見える。

f:id:yukinkosan:20150506231343j:image

隅田川テラスにはランナーの姿がちらほら見える。ムスメを妊娠する前は、自分もそうだった。

f:id:yukinkosan:20150506231452j:image

水鳥が羽を乾かしている。それをムスメはじっと見つめる。生き物に興味を持つようになってきた。

明日は授業はないけれど、研究室で勉強する。いつになく、ムスメと密着していた休日であった。